中古車を購入するときに値引きは可能?値引きを成功させるためのポイントを解説します

中古車を購入するときに値引きは可能?値引きを成功させるためのポイントを解説します

「数年乗ったら新しい車に乗り換えたい」
「ぶつけるのが怖いから中古車を買いたい」

そんな理由から人気の高い中古車ですが、お得に買える中古車とはいえ、「少しでも安く購入したい」という気持ちをお持ちの方も多いでしょう。

今回は、中古車の購入時に値引きは可能なのかどうかについて解説していきます。

中古車を購入する際に値引きは可能?

まず始めに、「中古車を購入する際に値引きは可能」かどうかについてですが、もちろん中古車販売店にもよるので断言はできませんが、中古車の値引きは多くの中古車販売店で行われています。

自動車は、車種やカラーの種類がたくさんあるだけでなく、走行距離や細かい傷など、車の状態をチェックするポイントは無数にあり、全く同じ状態の車は1つしか存在しません。

そのため、中古車の買取価格や販売価格は、中古車販売店によって大きな差があります。その差が、値引き交渉の余地になるのです。

値引きの相場は約10%前後

一般的に、中古車の値引き相場は車体価格の約10%前後といわれています。100万円で販売されている車であれば、10万円程が値引きされ、90万円程度で購入できる可能性があるということです。

これはあくまで目安として考えてもらい、10%を目安に値引き交渉をしてください。いきなり、20%~30%の値引き交渉をしてもそう簡単に値引きできるものではありませんし、販売する側も良い気持ちはしません。

中古車は購入後すぐに納車されるわけではなく、整備や点検をした上で納車されますが、できる限り気持ちよく行えるような状況は作っておいた方がいいでしょう。

人気の車種の値引きは難しい

車種やメーカーによって、値引きしやすい車とそうでない車があり、必ずしも10%値引きできるわけではありません。

値引き交渉することは自由ですが、人気の車種に限っていえば、10%値引きすることは難しいと考えましょう。

人気の車であれば、値引きしなくてもいずれ売れるでしょうし、人気がない車であれば、10%以上値引きしてでもすぐに売った方が楽と考えることもあるでしょう。

自分の欲しい車が人気かどうかわからない」という方もいると思いますが、インターネットで検索すると、ある程度の人気車種はわかります。

上記は、中古車検索サイト「カーセンサー」の、2020年11月の人気車種・モデルランキングです。

ここで上位に入るような車は、中古車としても人気が高く、店頭に置いておけば次々に売れていく車ですので、値引き交渉に応じない中古車販売店が多いでしょう。

中古車の値引きを成功させるためのポイント

ここからは、値引きを成功させるためのポイントについて解説していきます。

値引き交渉の上手な方、上手でない方がいるくらいですから、「どんな交渉をするかどうか」によって結果が変わります。

少しでも安く中古車を購入するために、下記ポイントをチェックしてから、中古車販売店に行くようにしてください。

「今日中に購入したい」と伝える

交渉する際に必ず伝えておきたいことが、「今日中に購入したい」と伝えることです。

車は簡単に購入を決断できるものではないので、中古車販売店には「検討をするだけで帰ってしまうお客さん」がかなりの数訪れます。

そのため、「購入の意志が特に強いお客さん」には、何とか買ってもらうために、交渉に応じてくれる可能性が上がります。

「仕事で車が必要になるから」「来月引っ越しをするから」「子どもが生まれるから」など、今日欲しい理由を添えるとなおいいでしょう。

「他店で購入を検討している」と伝える

こちらは伝えるタイミングは難しいですが、「他店で購入を検討している」と伝えるのも有効です。

実際に中古車を購入する際は、中古車情報サイトで検索した上で販売店を訪問すると思います。

そのタイミングで、他店で同じ車種、もしくは似た車種が販売されているか、中古車販売サイトで検索しておくといいでしょう。

中古車販売サイトは「カーセンサー」や「グーネット中古車」が検索もしやすく、登録者数も多いのでおすすめです。

予め予算を伝える

中古車販売店を訪問すると、はじめに「希望の条件を尋ねられる」ことが多いと思います。

その際に、予め予算を伝えておくと、値引き交渉がしやすくなる可能性があります。

たとえばですが、予算は100万円と伝えた上で、総額で105~100万程度で購入できる車に興味を示していると、店側の方から提案されることもあるでしょう。

自分からなかなか値引き交渉を伝えにくいという方にはおすすめの方法です。

事前に中古車販売店のサイトや中古車情報サイトで、目当ての車がいくらで販売されているかを確認し、計算した上で予算を伝えるのもいいでしょう。

代行費用をカットしてもらう

中古車を購入する際に、「代行費用」という名目で、名義変更や車庫証明の取得費用を取られます。

しかし、これらはあくまで「代行」してもらう費用であり、自分自身で行えばこの費用はかかりません。そのため、最も値引き交渉にしやすい部分といえます。

自分自身で名義変更や車庫証明を取りに行くので、その分値下げしてもらえませんか?」と伝えればいいだけなので、交渉するのが苦手な方でもやりやすい値引きの方法です。

車庫証明は代行費用として1万円~3万円程度乗せられていることが多く、この部分をカットできるだけで少しお得に感じるのではないでしょうか。

購入する時期を月末や決算時期にする

基本的に中古車販売店では、毎月の売上目標決まっています。そのため、中古車の値引きのタイミングとしては「月末」が最も狙い時です。

「〇〇件販売する」「〇〇万円販売する」どちらの目標にしても、購入してもらうことは目標達成に近付きますので、目標ギリギリのタイミングだったら交渉に応じてくれやすいでしょう。

月末ギリギリすぎると、その月の目標を既に達成してしまっている可能性があるので、毎月28日~29日頃がちょうどいいタイミングです。

また、毎月の目標だけでなく、「半期」「通期」の目標を同様に決めている中古車販売店が多いので、3月、9月などの決算時期もタイミングとしてはいいでしょう。

まとめ

今回は中古車を購入する際の値引きについて解説しました。

まとめると、

  • 中古車の値引きは可能
  • 約10%を目安に値引き交渉をする
  • 値引き交渉はポイントをおさえてする

上記のようになります。

目当ての中古車をお得に購入するために、値引き交渉のポイントをしっかりおさえてから中古車販売店に行くようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA