車を手放す上での注意点とは?売却の方法や保険の手続きについても解説!

車を手放す上での注意点とは?売却の方法や保険の手続きについても解説!

「生活が大きく変わった」「新しい車に買い替えることにした」などの理由で、今乗っている車を手放そうと考えている方も多いでしょう。車を手放すとき、多くの方が気になるのは「何に注意するべきか」「やらないと困ることは何か」などの点かと思います。

この記事では、任意保険の中断手続きも含め、車を手放す際の注意点についてまとめます。車を手放す方や手放すか検討中の方にも、参考にしていただけるでしょう。

車を手放す5つの方法

車

車を手放す方法は主に5つあります。ここでは、5つの方法のメリットやデメリットをまとめていきます。

買取業者に売却する

中古車の買取業者に売却するメリットは、高く売れることです。

逆にデメリットとなるのが、新車に乗り換えるときに手続きが2回必要になることです。

  • 今の車を売る手続き(買取業者が相手)
  • 新車を買う手続き(ディーラーが相手)

車を手放したあと「新車に乗り換える」予定の方もいるでしょう。その場合、ディーラーに下取りを依頼する方が、手続きが楽です。

ただし、下取りの価格は中古業者による買取価格よりも安くなるのが一般的です。そのため、車を高値で売りたいのであれば、新車に買い替えるとしても、買取業者に売るのがおすすめです。

ディーラーの下取りに出す

新車に買い替える予定であれば、ディーラーの下取りに出す選択肢もあります。下取りのメリットは、新車に乗り換える手続きが簡単です。

今持っている車を売る手続きも、新車を購入する手続きも、まとめてディーラーが行ってくれます。本来2回必要な手続きが1回で済むます。

そのため「新車に買い替える」「とにかく手続きを楽にしたい」という方には、ディーラーによる下取りが向いています。

個人売買で売る

個人売買で売るメリットは、自分の取り分が多くなることです。本来、中古業者やディーラーが取るはずだった利益や事業コストが、すべて自分のものになります。

このため、スムーズに売れれば利益が大きくなります。反面、>特に自動車のコンディションに関して、購入者との間でトラブルになるケースもあるため、注意が必要です。

車の売買は金額も大きいものですが、不具合が命に関わることもあるため、個人での売却は慎重に行う必要があります。車の整備や法律に関する知識が豊富な人であれば、個人売買を検討するのもいいでしょう。

車の個人売買については、以下の記事でも詳しくまとめています。

車の個人売買って実際どうなの?全手順と注意点を徹底解説

廃車にする

「明らかに売れない車なので廃車にしたい」こともあるでしょう。車を廃車にする方法は、大別して以下の2通りです。

  • 廃車専門の業者に売る
  • 解体業者に解体してもらう

部品取りに使うことも含め、少しでも価値のある車は、廃車専門の業者に売れます。

業者でも買い取ってもらえない車は、解体業者に解体を依頼します。廃車の手続きは、そのまま解体業者に代行してもらうことも、自分で行うことも可能です。自分で行う場合、解体後に以下の手続きを行います。

  • 永久抹消登録
  • 解体届出

参考:永久抹消登録及び解体届出|近畿運輸局

廃車にするメリットは「市場価値のない車を持ち続けるよりはいい」という点のみです。逆にデメリットとなるのは「ほとんどお金にならない」「解体を頼むだけなら、こちらがお金を払うのみ」という点です。

廃車を検討する車のほとんどは、動かない車(不動車)でしょう。不動車を高く売る方法については、以下の記事で詳しく解説しています。

動かなくなった車でも売れる?不動車を少しでも高く売るための重要なポイント

家族や知人に譲る(贈与税に注意)

広く行われている方法で「家族や知人に譲る」という選択肢があります。ただ、この場合は贈与税のかかるケースがあります。

車は動産という財産であり、この財産をもらって利益を得た家族や知人は、その利益に対して課税されるのです。

ただし、その車が受け取る側の通勤や生活に必要なものであれば、贈与しても課税されません。

通勤や生活に必要な車なら、下記の場合「課税されない譲渡所得」になるためです。

4.所得税の課税されない譲渡所得
(前略)家具、じゅう器、通勤用の自動車、衣服などの生活に通常必要な動産の譲渡による所得です。
引用:譲渡所得の対象となる資産と課税方法|国税庁

(家族などに譲る場合はすべて「贈与」の意味です)

上記のケースでは課税されませんが、それ以外のケースは課税されることも多いため、課税の有無をよく確認しましょう。

ローンが残っている車を手放す方法(手続きの流れ)

自動車ローン

ローンが残っている車を手放す方法は、名義の状況によって代わります。ここでは、車の名義が自分である場合と、他人である場合の2つに分けて説明します。

車の所有者名義は自分の場合(銀行のマイカーローンなど)

銀行のマイカーローンを利用している場合、車の所有者名義は自分になっていることがほとんどです。この場合、車は自由に売却できます。

売却して得たお金についても、一括返済に回す必要はありませんが、返済をしなければ利息分損するだけなので、基本的には一括返済をおすすめします。

車の所有者名義が他人の場合(ディーラーローンなど)

車の名義が他人になっているのは、主にディーラーローンを利用しているケースです。ディーラーローンの場合、車の名義人はディーラーか信販会社になっているのが一般的です。その場合は、下記のいずれかで売却をします。

  • 完済してから売る
  • 車を売ったお金で完済する
  • 車を売っても足りなければ、貯金などを追加して完済する

いずれにしてもローンを完済できることが条件です。車を売ってそのお金を返済に当てる場合、売る前の時点でディーラーや信販会社との話し合いが必要です。

この話し合いや手続きは、買取業者に車を売るのであれば、その買取業者が代行してくれます。車を売る代金だけでは足りない場合、自身も直接金融機関とやり取りし、車の売却と同時に確実に完済できることを示す必要があります。

返済の仕方によって必要な手続きは若干変化しますが、どの方法でも「完済が必要」という点は共通です。

車を手放す際の2つの注意点

車

車を手放す際の注意点は多数あります。ここでは、それらのなかでも特に重要な3つの注意点について解説します。

任意自動車保険の中断手続きを確実に行う

車を手放す際には、任意保険の中断手続きも必要です。この手続きをしない場合、車に乗っていないのに保険料を払い続ける>ことになります。

手続きを行うには、任意保険の会社に中断証明書を発行してもらいます。この発行を受け、中断手続きを行うことで、現在の保険等級を維持できます。

「中断証明書」を発行することで現在のご契約の等級を保存し、再契約の際に現在の等級から再開することができます。
引用:中断証明書の発行|SBI損保

手続きをしない場合、保険等級は6等級にリセットされてしまいます。下の図で「はじめてのご契約の方は6等級から」とありますが、このランクまで戻ってしまうわけです。

等級出典:ノンフリート等級制度について|SBI損保

中古車の買取業者は、こうした手続きも代行してくれるケースが多くあります。そうした代行サービスを利用すれば、手続きの類が苦手な方でも安心です。

中断の手続きをすれば、等級を維持するだけで保険のサービス自体は使用しないため、保険料を払う必要もありません。

MEMO
紛失してしまった・中断証明書の発行を忘れてしまった場合は、保険会社に依頼すれば発行できる仕組みになっています。 ただし、保険会社によって発行には期限がありますので契約している保険会社に問い合わせてみましょう
参考:ソニー損保

キャンセル要件を必ず確認する

車を業者に売る契約をした後、キャンセルすることも可能です。ただし、ほとんどのケースでは違約金が発生します。

違約金の額やキャンセル期日などのルールは、基本的に契約書に記載されています。キャンセルはしないのが一番ですが、契約の際にキャンセルのルールも含めて、契約書の内容を正確に把握しておきましょう。

車を手放す際に高く売る2つのポイント

ズバット出典:ズバット

車を手放すときに高く売るには、いくつかのポイントがあります。ここでは、特に重要なポイントを2つ解説します。

一括査定を利用する

車を買取業者に売る場合、一括査定を利用して複数の業者から見積もりをとるべきです。業者の間で競争原理がはたらくほど、高値での売却がしやすくなります。

「ディーラーによる下取りと買取業者で悩んでいる」という場合も、やはり試しに一括査定を受けるべきです。「買取業者ならいくらで売れるのか」を知ることで、ディーラーによる下取りとの正確な比較ができるためです。

業者によっては高く売れる時期がある

3月など需要が高まる時期はありますが、そうした時期は供給も高まるためです。この点は、下の記事で詳しく解説しています。

車の売り時はいつ?値段が変わる7つのタイミングと売れる時期について解説!

例外として「特定の業者や担当者が、時期によって積極的に買い取る」ことはあります。売上や販売台数のノルマを達成したいなどの理由です。

こうしたケースでは、それぞれの業者や担当者が、特別に高値を提示してくれることもあります。複数の業者と交渉していれば、1月~2月や7月~8月など、売り時とされる時期に高値で売れる可能性もあるでしょう。

車を高く売るための方法については、下の記事で詳しくまとめています。

車を一番高く売る為には何をするべき?売る時期と売る場所で買取価格が変わる

まとめ

車を手放す際の注意点で特に重要なのは、任意保険の中断手続きを忘れないことです。

また、注意点よりも重要なのは、できるだけ高く売れる方法で手放すことです。その方法として、簡単に実践できるものの1つが一括査定を利用することです。

一括査定には、ユーカーパックを含め、便利なサイトが多くあります。いずれも、最短30秒や60秒などで終わる簡単な情報入力によって、最大6社など多数の会社からの見積もりをとることが可能です。

ほとんどのサイトは無料で利用でき、査定を受けたら売却しなければいけないわけでもありません。「車を手放すとしたらいくらで売れるのか」を把握するためにも、一度気軽に一括査定を試してみるといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA