車を売るときの流れを解説!スムーズに売却するための手順

車を売るときの流れを解説!スムーズに売却するための手順

車を売却する機会は多くないため、どのような流れで売却をすれば良いのか分からない方は多いです。

  • ディーラー下取り以外の売却方法が知りたい
  • できるだけ高く売りたい
  • スムーズに取引したい

このようなことを考える方に向けて、車を売る流れを解説します。売却方法によって流れが異なりますから、車を手放す時の参考にしてください。

車の売却方法の流れを知っておこう

車の売却方法には、以下の3つの選択肢があります。

  1. ディーラー下取り
  2. 業者買取
  3. 個人売買

それぞれの売却方法のメリットやデメリット、流れを順番に解説していきます。

ディーラー下取り

ディーラー下取りは、多くの方が選ぶ車の売却方法です。ディーラーに車を持ち込むだけで、簡単に下取りしてもらえるため、手間がかからず気軽に車を手放せるのがメリットだといえます。

一方で、新しい車を購入することが前提の売却方法ですし、現金という形でお金を受け取れないため、万人におすすめできる売却方法ではありません。

また、後述する業者買取や個人売買よりも、査定額が低くなりやすい点もデメリットだといえます。特に、持ち込み先のディーラーと手放す車のメーカーが異なると、下取り額が低くなる傾向があるため注意してください。

ディーラーの指示に従おう

ディーラーによって細かな違いがありますが、下取りの流れは基本的に以下の手順になります。

  1. 購入する車を決める
  2. 査定を受ける
  3. 契約をする
  4. 車の引き渡し、納車を行う

車の購入と下取りが同じ場所で同時に進むため、売却の手間が省けるのがありがたい点です。

また、売却に伴う全ての作業をディーラー側が行ってくれますし、必要な書類も全て指示をしてもらえるため、車の売却に慣れていない方でも安心して手放せます。

よって、売却から購入までの流れをスムーズに行いたい方は、ディーラー下取りを利用してください。

業者買取

ディーラー下取りではなく、買取業者を利用して車を売却したい方もいると思います。

業者買取は、ディーラー下取りよりも高い金額で査定されやすく、売却益を現金で受け取り可能です。売却作業のサポートも手厚く行ってくれるため、万人におすすめできる売却方法だといえます。

業者買取の流れは以下の手順で進んでいきます。

  1. 必要書類を準備する
  2. 業者を選んで査定をしてもらう
  3. 売却手続きをする
  4. 車を引き渡す

それぞれの手順の詳細を、順番に確認しましょう。

1.必要書類を準備する

まずは、売却手続きに必要な以下の書類を準備する必要があります。

  1. 自動車検査証
  2. 自動車納税証明書
  3. 自賠責保険証明書
  4. 印鑑登録証明書
  5. リサイクル券

売却手続きを行うときに用意していないと、売却作業がスムーズに進まなくなってしまうため、車の売却を決めたらすぐに準備に取りかかりましょう。

2.業者を選んで査定をしてもらう

必要書類の準備を終えたら、「業者選び」を行い、査定をしてもらいましょう。

一般的な買取業者は「中古車買取業者」ですが、実はこの他にも以下の業者が存在しています。

車種専門買取業者
セダン・バン・トラック・高級車など、特定の車種に特化した買取業者。
改造車専門買取業者
売却が困難な改造車に特化した買取業者。
不動車専門買取業車
動かない車や廃車に特化した買取業車。

多くの方は中古車買取業車を利用しますが、車種や車の状態によっては上記の専門業車を利用することで、より高く売却可能です。

特に手放す上で費用がかかる不動車や廃車に関しては、不動車専門買取業車を利用することで、お金をもらいながら手放せます。

よって、買取業車を利用する際は、自分の車に合った業者を選んでより高い査定額を狙いましょう。

一括査定を利用する

買取業車を選ぶ上で、「高く売れる業者を選ぶのが大変」だと感じる方もいるでしょう。そこでおすすめしたいのが「一括査定」です。

ネット上で必要情報を入力するだけで、一括査定サービスに登録している全ての買取業車から査定を受けられるため、気軽に査定額を比較できます。

また、多くの業者が出張査定に対応しているため、自宅で売却を全て完結できる点もメリットです。誰でも簡単に利用できますから、買取業車への売却を検討しているなら、ぜひ使ってください。

3.売却手続きをする

買取業車に査定をしてもらい、査定額に納得したら売却手続きに進みます。やることは以下の3つです。

  1. 必要書類の提出
  2. 署名
  3. 押印

事前に書類が揃っていれば、すぐに手続きが完了します。

4.車を引き渡す

売却手続きが終わり、売買契約を結んだら、最後に車を引き渡します。これで買取業者を利用する車の売却は全て完了です。

個人売買

従来の車の売却は、ディーラー下取りか買取業者の利用が一般的でした。しかし、オークションサイトやフリマアプリの普及により、個人間で売買する方が増えてきています。

個人売買の最大のメリットは、「他の売却方法よりも高く売れる」点です。売る側と買う側が直接つながれるので、最低限の中間マージンで売却できます。

一方で、「他の売却方法よりも手間がかかる」「個人間でトラブルに発展する恐れがある」ため、万人におすすめできる売却方法ではありません。

それでは、個人売買の流れを確認していきましょう。

1.出品する

まずはオークションサイトやフリマアプリに、自分の車を出品します。出品する上で大切なのは、正確に出品情報を記入することです。

  • 車種
  • 年式
  • オプションパーツ
  • タイヤ・ホイール
  • 外装・内装の状態
  • 走行距離
  • 金額

最低限記入しなければいけない情報がこちらですが、自分の車の状態を把握し、それを文字に起こすのは大変です。よって、スマホで撮影した写真を上手に使って説明しましょう。

また、難しいのがフリマアプリでの「金額の決定」です。ネットで調べることで相場を確認することはできますが、車の状態で大きく増減するものなので、車に詳しくないと正確な金額を決めることはできません。

しかし、フリマアプリでは値下げをするのが当たり前なので、車の状態はあまり気にせず、まずは相場付近の金額で出品をし、買い手側の反応を確認してみましょう。

2.必要書類を準備する

出品作業を終えたら、オークション当日、もしくは買い手が現れるより前に、以下の必要書類を準備しましょう。

  1. 自動車検査証
  2. 自動車納税証明書
  3. 自賠責保険証明書
  4. 印鑑登録証明書
  5. リサイクル券

売却作業をスムーズに進めるために、なるべく早く用意をしてください。

3.売却を検討する

オークションの結果が出たり、買い手が現れたりすると、売却の検討を行う必要があります。

自分が期待していた金額を大きく下回ることもありますから、事前に「この金額以上なら売る」と決めておくべきです。売り時を逃すと、車の価値はどんどん下がってしまうため、ある程度の妥協も必要になります。

なお、オークション終了後に「取引キャンセル不可」としているサービスもあるため、「売却の検討ができるかどうか」をあらかじめ確認しておきましょう。

4.売却手続きをする

売却を決めたら、利用しているサービス内で売却手続きを行いましょう。個人売買では自分で購入者とやり取りをしなければいけませんから、丁寧なコミュニケーションを心がけましょう。

「引き渡し日と場所の決定」をしたら、あとは車を引き渡すだけです。

5.車を引き渡す

指定した日時、場所に車を持っていき、車を引き渡したらこれで個人売買は完了です。

車内に忘れ物をしてしまうと、後で厄介なことになってしまうので、車内を隈なく確認してから引き渡しましょう。

車を売る時の注意点とは?

3種類の車の売却方法の流れを解説しましたが、車を売る時の以下の注意点も確認しましょう。

  • 必要書類は早めに準備する
  • 自分でできるお手入れはしておく
  • 売却後の各種手続きを忘れずに行う

必要書類は早めに準備する

車の売却では、各種書類を自分で用意する必要があります。どの売却方法でも共通する書類は、以下の通りです。

  1. 自動車検査証
  2. 自動車納税証明書
  3. 自賠責保険証明書
  4. 印鑑登録証明書
  5. リサイクル券

これらの書類を早めに準備しておくと、売却がスムーズに進む以外に「査定額アップ」も見込めます。

売却意思を見せれば査定額アップ

書類の準備と査定額アップは関係がないように思えます。しかし、査定段階で既に書類を用意していると、「1日でも早く売りたい」という強い売却意思が評価され、その分が査定額に反映される可能性があります。

中古車市場では、少しでも新しい車の方が高く売れやすいので、買取業者からは「すぐに売ってくれる売り手」が評価されやすいことを覚えておきましょう。

メンテナンスノートも準備しよう

上記の書類に加えて、ディーラーなどの法定点検の内容を記録する「メンテナンスノート」を提出すると、高く査定されやすいです。

メンテナンスノートに記録される内容は、以下の通りになります。

  • メンテナンス歴
  • 消耗品の交換歴
  • 車の状態

このように、車の状態を示す客観的なデータが確認できるため、査定士はより正確な査定を行えます。

通常、メンテナンスノートは車検証などと同じ場所に収納してありますから、必要書類に合わせて提出をしましょう。

自分でできるお手入れはしておく

車を査定してもらう前に、自分でできる範囲のお手入れをしておくと、査定額のアップが期待できます。

最もお手入れがしやすいのは外装ですが、最低限の洗車を行っておけば問題ありません。

この時、「手洗いで洗車するべきなのか」と悩む方が多いですが、慣れない作業で車に傷をつけてしまっては元も子もありません。したがって、普段慣れている方法で車を綺麗にしてください。

商品価値を損なうほど外装が汚れていない車でない限りは、査定に悪影響を与えることはないので、隅々まで徹底的に洗車を行う必要はありません。

内装の清掃に力を入れる

売却前の車のお手入れでは、外装よりも内装の清掃に力を入れることが大切です。

車は日常的に使われるものですから、長年乗っていると汚れやほこりが蓄積します。特にダッシュボードやマット、シートに問題があると、査定額に大きく響きますから、一通りチェックしておきましょう。

加えて、車内のニオイにも気を配る必要があります。特に紙巻きタバコを車内で吸っていた喫煙車の場合、数万円という単位で査定額が変わってくるのです。

しかし、残念ながらタバコのニオイや天井のヤニ汚れは、お手入れでゼロにできるものではありません。「ゼロに近づける」ことを目指して、市販の消臭グッズでお手入れをしてみましょう。

ナビの個人情報は必ず削除しよう

また、売却前に注意するべきことが「ナビの個人情報」についてです。現代の車のナビは高性能ですから、自宅の住所や自分のスマホ情報を記憶させておき、快適に使ってきた方もいると思います。

しかし、そのままの状態で売却をすると、次の所有者に個人情報を知られてしまう恐れがあるのです。買取業者側でナビを初期化してくれれば良いですが、自分で削除をしておくに越したことはありません。

購入時に渡される車やナビの説明書に、データ削除の方法が記載されているので、それを参考にナビの情報を削除するか、初期化してから売却を行いましょう。

売却後の保険手続きを行う

車の売却後に、加入していた任意保険の手続きを行う必要があります。ケース別に、行うべき手続きは以下の2つに分けられます。

  • 別の車に乗り換える
  • 車に乗らない

該当するケースの手続きを確認しておきましょう。

別の車に乗り換える

車の売却後、別の車に乗り換える予定の場合は、現在の等級を引き継げる「車両入替」の手続きを行いましょう。

この手続きを行わずに新規契約をすると、再び6等級から保険がはじまるため、高い保険料を支払うことになります。手続き方法は保険会社によって異なるため、加入している保険会社に連絡をしてください。

また、乗り換える車の納車日より前に手続きを行っておかないと、納車当日に無保険で運転することになるため、売却が決まったらすぐに手続きを開始しましょう。

車に乗らない

車の売却後、車に乗る予定がない場合でも、10年間現在の等級を引き継げる「中断証明書」の発行手続きを行っておきましょう。

免許を返納するなど、一切車に乗らなくなる場合を除いて、今後10年間、新たに車を所有する可能性はゼロではないはずです。売却が決まったら保険会社へと連絡を入れ、解約と一緒に中断証明書を発行し、大切に保管をしてください。

まとめ

車の売却は慣れない作業なので、全体の流れを知っておくことは大切です。

ディーラー下取り、買取業者の利用、個人売買の流れを知っておき、自分に合った売却方法で車を手放しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA