車を売却したときや買い替えるときは任意保険の等級は下がってしまう?

車を売却したときや買い替えるときは任意保険の等級は下がってしまう?

車に乗っている方の多くは、万が一の事故に備えて、任意保険に加入していると思います。

そんな任意保険には「等級」と呼ばれる制度があり、簡単にいえば、「保険の加入中に無事故でいる期間が長ければ長くなるほど、保険の割引が受けられる制度」です。

しかし、車を売却したときや買い替えるときには、その等級がどのように扱われるか気になっている方も多いのではないでしょうか?

今回は、車の売却や買い替えのときに、任意保険の等級はどのように扱われるかについて解説していきます。

任意保険は等級を下げずに中断ができる

まず、車の売却や買い替えのときに等級がそれぞれどうなるかを解説する前に、「任意保険の中断」について解説します。

任意保険は、何らかの事情で一時的に車を手放したり、運転しなくなったりしたときのために、中断することが可能です。

中断期間中は等級を維持することが可能で、その期間は最大で10年間です。10年間の間は、車を所持していなくても、等級が下がることはありません。

任意保険の中断には条件がある

任意保険の中断は、無条件でできるわけではありません。

保険会社や契約内容によって条件は異なりますが、下記のような条件が一般的です。

  • 車の廃車、譲渡、売却などの理由によって車を手放したとき
  • 車検切れや一時抹消したとき
  • 車が盗難されたとき
  • ナンバープレートを返納したとき
  • 災害などの理由で車が滅失したとき
  • 中断時の等級が7等級以上のとき

※契約内容や保険会社によって条件が変わる可能性があります。
参考:自動車保険の中断証明書とは|チューリッヒ

中断したいときには、現在契約中の保険会社に条件を満たしているか確認した上で、中断の手続きを進めるのがいいでしょう。

任意保険の中断の流れ

任意保険を中断したいときは、保険会社に問い合わせて「中断証明取得依頼書」をもらってください。

中断証明取得依頼書には、契約者名や証券番号、中断する理由などを記入します。また、中断する理由に応じて、中断の事実を確認できる公的資料を一緒に提出します。

公的資料は、車を売却した買取業者や自動車販売店などに発行を依頼するものなどがあるので、車を手放す前に保険会社に何が必要かを確認しておくことが大事です。

全ての資料を揃えて保険会社に提出し、条件に当てはまっていれば、「中断証明書」が送られてきます。この証明書があれば、最大で10年間は等級を維持することが可能です。

中断証明書を紛失してしまった場合は?

最大で10年間中断できますが、10年という長期間ですから、なかには中断証明書を紛失してしまうのではないか?と考える方もいらっしゃると思います。

ですが、中断証明書はあくまで証明するための書類であり、保険会社内のシステムでは手続きがしっかりとされているので、多くの保険会社では証明書を紛失しても再発行が可能です。

ただし、再発行の手続きは2週間~3週間程度かかってしまうことが多く、車の購入手続きを済ませたあとに紛失に気付くと、任意保険の再契約に時間がかかってしまうことがあるので、注意が必要です。

こんな状況のときは中断手続きはどうする?

ここからは、状況に応じて、中断手続きをどのようにするべきか解説していきます。

  • 新しい車に買い替える予定がある
  • 子どもに車を譲ろうと考えている
  • 今後車に乗る気がない場合

上記のような状況でお悩みの方は、ここから先を参考にしてください。

新しい車に買い替える予定がある

新しい車に買い替える予定がある場合は、中断手続きの必要はありません。

車を買い替える場合は、「車両入替手続き」という、保険の対象を変更する手続きが必要です。

車両入替手続きは、新車の納車日が決まった時点で、できる限り早めに保険会社に連絡し、どんな手続きが必要かを確認してください。

車両手続きは、保険会社にもよりますが、下記が必要になることが多いです。

  • 新しい車の車検証
  • 保険証券番号
  • 走行距離計(オドメーター)の値(変更前の車、新しい車それぞれ)

保険会社によって必要書類が異なる場合が多いので、必ず契約中の保険会社に直接確認してください。

子どもに車を譲る場合

自分自身は車にもう乗る予定はなく、所持している車を子どもに譲るケースもあると思います。

その場合は、「中断手続き」ではなく「任意保険の名義変更」をする必要があります。

任意保険には、3つの名義が存在します。

  • 保険契約者:保険の契約者で保険料を支払う方
  • 記名被保険者:主に車を運転する方
  • 車両所有者:車の所有者

これらの名義をそれぞれ、子どもの名義に変更します。

ここで問題になるのが、「名義を変更すると、等級が下がるのではないか?」という部分ですが、実はこの名義変更は、元々の保険契約者との関係性によって、等級を維持したまま名義変更が可能です。

等級を維持できる相手は以下の通りです。

  • 記名被保険者の配偶者
  • 記名被保険者の同居親族
  • 記名被保険者の配偶者の同居親族

※契約内容や保険会社によって条件が変わる可能性があります。

上記を見ていただければわかる通り、同居している子どもであれば、等級を維持することは可能です。

今後車に乗る気がない場合

年齢やライフスタイルの変化によって、「今乗っている車を売却したら、今後もう車は乗らなくなるかもしれないな」と考えることもあるでしょう。

その場合でも、保険を完全に解約するのではなく、中断手続きを取っておくべきです。

その理由は2つあります。

  • 中断証明書の発行は無料だから
  • 最大10年間維持できるので、その間に気が変わる可能性もゼロではないから

まず、中断証明書の発行は無料ですので、中断しておくことのデメリットがほぼありません。手続きすることの手間ぐらいです。

さらに、最大10年間維持できますが、将来何が起きるかわかりませんから、維持しておけるのであれば維持しておいた方がよいでしょう。

たとえば、事故などによって車を運転できない身体になってしまったから車を手放すことになった場合でも、今後もっと簡単に誰でも運転できる車が開発される可能性もあります。

また、上記でもお伝えしていますが、任意保険は同居している家族や配偶者であれば、等級を引き継ぐことが可能ですので、どんな理由であれ、現在の等級を無条件で手放すのはもったいないといえるでしょう。

まとめ

今回は、車を売却したときや買い替えるときは任意保険の等級が下がってしまうかどうかについて解説しました。

等級を維持したままにできる「中断手続き」は、とても便利な仕組みですから、車を所持している方は知っておくべき内容でしょう。

状況に応じて、中断手続きをするべきなのかどうかは変わりますから、当記事を参考に、上手に任意保険を活用してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA