車を買い替える時の車庫証明のやり方は?4つの書類の書き方と費用、ネット・郵送での申請方法を解説!

車を所有するために、必ずしなければならない手続きの1つが車庫証明。これは車の買い替えでも必要になります。

「今の車でも手続きをしたけど、同じ内容なのか知りたい」「前回は業者に任せたが、今回は自分でやりたい」といった理由で、手続きのやり方を知りたい人も多いでしょう。

この記事では、「車を買い替えるときの車庫証明のやり方」について解説します。書類の記入例やネット・郵送での申請方法などもまとめているため、車庫証明に関するあらゆる疑問を解消できるでしょう。

車庫証明とは

車庫証明

車庫証明とは、車両の保管場所を証明する書類のこと。正式名称は自動車保管場所証明書といいます。車を所有するためには車庫証明が必要です。

車の買い替えでも、やはり新しい車に関する車庫証明が必要となります。手続きの内容は、初めて車を所有するときとほぼ同じです。買い替えなら手続きを省略できるということはありません(所在図を省略できるケースはあります)。

車庫証明の申請方法、手続きのやり方

車庫証明の申請方法は簡単で、以下の流れになります。

  1. 申請書をダウンロード
  2. 印刷して必要事項を記入
  3. 警察署に提出(ネット・窓口持参・郵送)
  4. 車庫証明を受け取る(郵送・窓口受取)

以下、それぞれの手順について詳しく説明していきます。

①:申請書をダウンロード(警察署公式サイトから)

書類

まず、上の画像のような申請書を警察署の公式サイトからダウンロードします。形式はPDFエクセルの2通りから選べます。PCによる記入と手書き、どちらの方法でも提出可能です。

②:印刷して必要事項を記入

記入例

ダウンロードしたら、上画像の赤文字に記載されているように、必要事項を記入します。他にも複数の書類がありますが、住所や氏名などの基本的な情報がほとんどです。それぞれの書類で、わずかに特殊な記入事項がある程度です。

③:警察署に提出(ネット・窓口持参・郵送)

OSS
引用:ワンストップサービス

記入ができたら、管轄の警察署に提出します。提出方法の選択肢は、普通車と軽自動車で異なります。

普通車 窓口持参か、ネット
軽自動車 窓口持参か、郵送

それぞれの方法について詳しく説明していきます。

窓口持参

管轄の警察署の窓口に直接持参します。管轄の警察署は、自宅ではなく車庫の住所で決まります。

都道府県警の公式サイトで管轄の警察署を調べることが可能。たとえば埼玉県警なら「市町村名から探す」のページでわかります。全国すべての警察署の管轄は、警察庁の資料で確認可能です。その他、民間のデータベースでわかりやすいものが多くあります。

ネット提出(OSS申請)

普通車であればネットから申請可能。ワンストップサービス(OSS)と呼ばれる、国交省のシステムを使います。車庫証明が対象であることは、こちらの序文でわかります。

新車・中古車、どちらへの買い替えでも対象です。京都・徳島・高知の3府県は利用不可ですが、あとの都道府県はすべて電子申請ができます。これは「サービス対象地域」のページで、下の表を見るとわかります。

都道府県

黄色のように、京都・徳島・高知は対象外となっています。あとの都道府県はすべて対象です。

上の表では「車庫証明」という列がありません。しかし、このOSSのサービスでは車庫証明は、「新車新規登録・中古車新規登録」の手続きの中に含まれています。これは「申請が行える手続きの種類」のページで確認可能です。

(新車新規登録・中古車新規登録の詳細の中に「保管場所証明申請・保管場所標章交付申請」が含まれています)

軽自動車の電子申請はできない

軽自動車では電子申請ができません。先ほどの「申請が行える手続きの種類」のページで「軽自動車の申請は対象外となります」と書かれています。

軽自動車には、上のOSSとは別に専用のワンストップサービスがあります。しかし、ここでできるのは車検の手続きのみです。

郵送

郵送の提出では軽自動車は可能、普通車は不可となっています。このルールは明文化されていませんが、総務省が警察庁にルール改正を要求した資料でわかります。

「軽自動車は郵送可能」というルールは、警察庁丁都交発第20号で認められています。「普通車は不可」というルールについては、千葉県新潟県などの県警が明記しています。

④:車庫証明を受け取る(郵送か窓口)

警察署

書類に問題がなければ、車庫証明書が発行されます。発行にかかる日数は一般的に3~7営業日程度です。鎌倉警察署は4日、岐阜県警は7日と、公式サイトに記載しています。

都道府県によっては「郵送での受け取り」が可能

普通車でも、都道府県によっては郵送での「受け取り」が可能。千葉県警のページでは「郵送による交付について」の段落で説明されています。

郵送での受け取りを希望する場合、申請時に地区交通安全協会に申し込みをします。これにより、発行された車庫証明を協会が受領し、申請者(あなた)に対して郵送してくれます。

ネット申請の場合、窓口での受け取りが必要

ネット申請をした場合は郵送の受け取りはできず、窓口での受け取りとなります。これは下図の千葉県警のPDFで「手続きの終了後に、警察において、保管場所ステッカーの受取が必要」と書かれているとおりです。

受け取るものは、自動車保管場所証明書、保管場所標章番号通知書、保管場所標章の3つです。証明書は販売店を経由して、運輸支局に提出するのが一般的。通知書は車検証などと一緒に保管します。3つ目の標章はシールで、車のフロントガラスなどに貼るものです。

車庫証明で必要な4つの書類と書き方

車庫証明の申請で必要な書類は、車庫を自分で所有しているかどうかで分かれます。所有・非所有で必要な書類を一覧にすると、下のとおりです(必要なものが○、不要なものが×です)。

書類

車庫証明の取得で必要な書類の書き方は、それほど難しいものではありません。ここでは、それぞれの書類の書き方を簡単に解説します。

①:自動車保管場所証明申請書

記入例

車庫証明申請のメインとなる書類です。型式・車台番号・自動車の大きさだけわかればすぐに書けます。これらは、新しい車の書類で確認できます。

②:所在図・配置図

所在図

所在図は「保管場所がどこにあるか」を示す図。配置図は「その場所の中の、どこに注射しているか」を示す図です。両方同じ一枚の紙で、記入例は上の画像のようになります。

買い替えの場合、所在図は省略できるケースも

買い替えでは「前と車庫が変わらない」ということが多いもの。この場合、所在図は省略できます。省略できる条件を正確に書くと下のとおりです。

  1. 自宅が前と同じ(引っ越しなし)
  2. 車庫・駐車場も前と同じ
  3. 申請時点で旧車をまだ持っている(普通車)
  4. 申請前15日以内に、旧車をまだ持っていた(軽自動車)

3つ目と4つ目の意味は、申請前に旧車を売ってしまうと、車庫証明がリセットされてしまうということ。リセットされていない、車庫証明の権利が続いているうちに申請すれば、所在図を省略できるわけです。軽自動車についてはルールがゆるいので、売った後でも15日以内から省略できます。

③:自認書

引用:自認書・記載例 | 神奈川県警

保管場所が自分の土地・建物であれば、自認書を書きます。下のような書類です。ポイントは土地と建物が分かれていること。建物だけ自分のものという場合は、上の書類で「建物」の部分だけ丸をつけます。そして、土地については別途「保管場所使用承諾証明書」を、貸主の協力のもとで作成します。

④:保管場所使用承諾証明書

引用:[PDF] 保管場所使用承諾証明書・記載例 | 神奈川県警

保管場所が自分の土地でない場合、保管場所使用承諾証明書が必要です。大家さんや管理会社などに記入してもらう欄があります。

書く内容は住所や氏名など簡単なものですが、①駐車場の番号(停める位置)、②使用期間を書くことがポイントです。大家さんや管理会社への依頼については、費用がかかるケースとかからないケースがあります。

車庫証明の申請にかかる費用は2,600円

費用

車の買い替えで車庫証明の申請をするとき、費用がいくらかかるかも気になる点でしょう。ここでは、必ずかかる費用と人によってかかる費用の、2種類を説明します。

取得手数料:必ずかかる(2,500円~2,800円程度)

取得手数料は警察に支払うもので必ずかかります。東京都では合計2,600円で、以下の内訳になっています。

手数料名目 金額
自動車保管場所証明書交付手数料(申請時) 2,100円
保管場所標章交付手数料 500円

金額は都道府県によってわずかに異なり、大阪府愛知県は2,700円、青森県は2,800円となっています。

代行手数料:業者に頼むならかかる(約1~2万円)

車を買い替えるということは、次の車をどこかの業者から買うわけです。それが新車のディーラーでも中古車の業者でも、それぞれ代行を依頼できます。この場合の費用は業者によりますが、1~2万円がおおよその相場です。

貸主の書類作成費用:賃貸ならかかる(数千円~2万円程度)

賃貸のアパートやマンションなどに住んでいる場合、大家さんや管理会社に「保管場所使用承諾証明書」を発行してもらう必要があります。個人の大家さんなら無料で作成してくれることもあるでしょうが、管理会社であれば規定の手数料をとることも多いでしょう。

手数料がかかる場合の相場は明確に決まっていませんが、数千円程度のこともあれば、2万円を超えることもあります。

買い替えで車を売るなら一括査定の利用がおすすめ

買い替えのために今持っている車を売る場合、一括査定のサービスを利用するのがおすすめです。ここでは、一括査定サイトの中でも、特におすすめできる3サイトを紹介します。

価格.com

価格.com

価格.comでは、最大30社の中古車買取業者から見積もりを取ることが可能。入力する情報は簡単なもので、3分で完了します。

他の一括査定サイトにない特徴は、最短即日の実車査定を受けられること。中古車の正式な買取価格は実車査定によって決まりますが、その結果を早ければ当日中に知ることができるわけです。

このため「できるだけ早く車を売りたい」という人に、特におすすめできます。

価格.comの無料一括査定を受ける

カーセンサー

カーセンサー

リクルートが運営するカーセンサーも、価格.comと同じく最大30社から見積もりをもらえます。情報入力は90秒で終わる簡単なもの。査定を申し込むと、買取店から電話やメールで連絡が来ます。

情報の入力が簡単な点と、直接コンタクトを取ってくれる業者が多い点が魅力です。歴史が長く参加している業者数も多いため、より多くの業者から見積を取れる可能性があります。

カーセンサーの無料一括査定を受ける

グーネット買取

グーネット

グーネット買取の特徴は、一括査定ではなく買取相場検索のサービスであること。情報を入力すると、その条件での買取相場がすぐにわかるようになっています。30万件のデータから算出されるものであり、非常に正確な目安価格です。

この相場検索はWebのみで簡潔し、業者からの営業電話は一切ありません。相場を見て売りたいと感じたら、そのまま近隣の店舗や車種ごとの買取強化店にオンライン査定を依頼できます。

このような仕組みであるため「売るかどうかは迷っている」「ひとまず大体いくらで売れそうか知りたい」という人に、特に適したサービスといえます。

グーネットの無料買取相場検索を試してみる

まとめ

車の買い替えでの車庫証明のやり方は、初めて車を買うときと同じです。再度流れを簡単にまとめると、以下のようになります。

  1. 書類をダウンロードする
  2. 記入する
  3. 提出する(持参、ネット、郵送)
  4. 車庫証明を受け取る(郵送、窓口)

そして、必ずかかる費用は2,600円前後。業者がリーズナブルな価格で代行してくれるのであれば、代行を依頼するのもいいでしょう。逆に費用が高いようであれば、それほど難しい手続きではないため、自力で申請するのもおすすめです。その場合はぜひ、この記事で解説した内容を参考にしていただけたらと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA