ローンが残っている車を売るための方法は?高く売るコツと注意点を解説!

ローンが残っている車を売るための方法は?高く売るコツと注意点を解説!

ローンが残っている状態でも車を売りたいと思う人は多くいます。「新しい車に買い替えたい」「資金繰りが厳しくなった」など、さまざまな理由があるでしょう。

ローンが残っている車でも、売ることは問題なく可能です。しかし、「車を売るだけで完済できるか」「別の車に買い替えるのか」などの諸条件によって、売り方が変わります。

さまざまな条件下でどのように売るべきか、高値で売るためにはどうしたらいいか、などの内容をまとめていきます。「ローンが残っている車を売りたい」と考えている方には、きっと役立てていただけるでしょう。

ローンが残っている車も売れる

トヨタ

ローンが残っている車でも売却は可能です。「トヨタのクルマ買取」も、以下のように明記しています。

Q.ローンで購入して、残債が残っている車は売却できるの?
A.売却できます。買取り金額から残債金額を差し引いた金額をお支払いいたします。
よくあるご質問 | トヨタのクルマ買取

ローンが残っているあなたの車をトヨタが買い取り、その買取金額で残りのローンも返済してくれるという仕組みです。ローン残債の確認、完済後の所有権解除の手続きなどの作業も、すべてトヨタが代行してくれるシステムになっています。トヨタに限らず、中古車買取の企業や店舗の大部分が、上記のようなサービスを提供しています。

ローンが残っている車を売る4つの方法

ローン

ローンが残っている車を売る方法は、主に4つあります。ここでは、その4つの方法について解説します。

車の売却益で完済する

「車を売ればローンを完済できる」という場合は、そのまま売るだけです。先ほど例に挙げたトヨタのように、返済の手続きをすべて買取業者が行ってくれます。

車の売却益+貯金や借入で完済する

車を売ったお金で足りない場合は、不足分を貯金で支払う、別の場所で融資を受けて支払うなどする必要があります。融資については、のちほど詳しく説明する車の買い替えローンという商品も利用可能です。

こうした専用のローンでない場合、銀行のカードローンや多目的ローンやクレジットカードのキャッシングなどを利用します。

貯金や借入で完済してから売る

ローンが残ったままでも車は売れますが、本来のやり方は「完済してから売る」ことです。「一応、完済できるだけの貯金はある」「貯金を使うかどうか迷っている」という人の場合、貯金で完済してから売るのもいいでしょう。

貯金でなく、カードローンの借入を用いる選択肢もあります。しかし、カードローンなどのサービスは金利が高いためオススメはできません。

解除書類

先に完済してから売る場合、所有権解除の手続きは自分でおこないます。車の所有権がディーラーや信販会社になっているため、その解除を申請するわけです。

たとえばスズキの場合、上図のような書類を提出します。所有者名義がスズキなどのディーラーでなく信販会社だった場合、信販会社に同様の書類を送ります。

買い替えローンを使う

借り換え

今借りているローンを完済するために「買い替え専用ローン」を用いることも可能です。たとえばガリバーの「プラスローン」の場合、下記の説明どおり「前のローンが残っている状態」で、借り入れできます。

「プラスローン」とは、前のローンが残っている状態でクルマを買い替えたいお客さまのための自動車ローンです。
クルマの買い替え専用「プラスローン」| ガリバー

このプラスローンでまとまったお金を借り、現在のローンを完済した上で、新しい車を買うというわけです。「完済用」と「購入用」として二重の借り入れをするため、借入金額は基本的に大きくなります。

借り過ぎにならないよう計画的に利用する必要がありますが、支払能力が十分にある方なら、こうした選択肢もあります。

【種類別】ローンが残っている車の売り方

ローンが残っている車の売り方は、借りているローンの種類によって異なります。ここでは、銀行のマイカーローン・ディーラーローン・信販会社のオートローンの3種類に分けて説明します。

銀行のマイカーローン

マイカーローン

銀行のマイカーローンは住宅ローンと違い、車が担保に取られることが基本的にありません。三菱UFJ銀行の「ネットDEマイカーローン」は上の画像のとおり、車を購入した時点で所有権が購入者にあることを明記しています。

その他にも、りそな銀行千葉銀行静岡銀行など、多数の銀行のマイカーローンが「購入時点で所有権が購入者のものになる」ことを明確に記載しています。

このように、所有権が自分の名義になっていれば、売却はすぐにでも可能です。売却したお金をローンの返済に回すか回さないかも自由に決められます。今までどおり、分割でゆっくり支払うことも可能です。

ディーラーローン

ディーラーローン

ディーラーローンを利用している場合、所有権の名義はディーラーか、保証をした信販会社や保証会社になっています。この場合、銀行のマイカーローンのような「先に車を売って、その代金で返済する」という方法を使えません。

しかし、「売れば完済できる」という価値のある車の場合、簡単に売れます。車を買い取る業者があなたの代わりに完済し、その後で車を買い取ってくれるためです。

所有権解除の手続きは、買取業者が代わりに行うケースが一般的です。すべて業者に任せられるという点では、自分名義の車を売るときと、手間はそれほど変わりません。

信販会社のオートローン

ジャックス

ディーラーローンと関係なく、信販会社が単独で提供しているオートローンもあります。この場合も、車を売る流れや残債を返済する流れは、ディーラーローンと同じです。

車を買い取ってくれる中古業者さえ見つかれば、あとはその業者が信販会社との間に入り、すべての手続きをしてくれます。

ローンが残っている車を高く売る3つの方法

ローンが残っている車を高く売る方法は、通常の車を高く売る方法と共通します。ここでは、その方法を3つ解説します。

一括査定サービスを使う

ナビクル

出典:ナビクル

ローンが残っていてもいなくても、車を高く売りたいのであれば一括査定サービスを使うのがベストです。複数社の査定を受けて、一番高い確定金額(本査定の価格)を出した業者と交渉する仕組みです。この仕組みのため、高額査定を実現する上ではメリットしかありません。

一括査定サービスは多数あり、上図のナビクルをはじめ、ユーカーパックなど大手のサイトはすべて完全無料で利用できます。最短30秒や1分など簡単な情報入力のみで利用できるため、自身の車のリアルな相場を把握するためにも、ぜひ試してみるといいでしょう。

自分の車の適正価格を調べる

ガリバー

車を業者に買い叩かれないためにも、適正価格を知っておくことが重要です。同じ車種でも、適正価格は走行距離などの諸条件によって異なります。

そのため、適正価格は一概には決まっていません。しかし、車種別の目安となる最高金額はガリバーの「中古車買取相場」のページでわかります。たとえば「ホンダ」のページでフリードの買取相場を調べると、下の画像のように「165.2万円」と出ます。

フリード

これは「最高査定額」であり、実際の買取では安くなることが多いといえます。しかし、簡単にデータを調べられるため「ひとまず最高査定額の目安を知りたい」という人は、使ってみるといいでしょう。

より正確な買取相場を調べたい場合、現時点で販売されている価格から計算する方法がオススメです。一般的に、中古車の買取価格は「販売価格の6~9割」とされます。

ホンダ

たとえば、上の画像ではマツダ・デミオが152万円、135万円となっています。この金額に「6~9割」という目安を当てはめると、152万円の方は91~137万円、135万円の方は81~121万円で買い取られたと推定できます。年式や走行距離などの条件が近い車を探せば自身の車の適正な買取価格も、目安をつけられるわけです。

ディーラー下取りでなく中古業者の買取に出す

ローンが残っている車を売る理由として「別の車に買い替える」という理由もあるでしょう。このとき、新車を買うのであれば、ディーラーに下取りを依頼する選択肢もあります。しかし、ディーラーによる下取りは、中古業者による買取よりも安くなるのが一般的です。

理由は、中古車の転売はディーラーの本業ではなく、下取りした中古車を高く売るノウハウを持っていないためです。高く売るノウハウがない以上、下取りの価格も自然に安くなるわけです。

このようなディーラー下取りと買取の価格差については、下の記事で詳しく解説しています。

ディーラーによる下取りの価格が車買取店より安い? 実際の価格を4車種で徹底検証!

ローンが残っている車を売る際の注意点

ローンが残っている車を売るときには、注意すべき点が多くあります。ここでは、それらの注意点のなかでも特に重要な2点を解説します。

個人売買は慎重に行う

個人売買

近年は、車でも個人売買がしやすくなっています。上図のガリバーフリマのように、大手が運営する「車のフリーマーケット」もあるほどです。

ガリバー以外では、下の画像のアンカーやオート・インフォといった、車の個人売買専用のサービスも登場しています。また「地元の掲示板」として親しまれるジモティーでも、車の個人売買が可能です。

アンカー

出典:アンカー

これらのサービスも人によっては便利に使えます。しかし、個人売買はもともとトラブルが起きやすい取引形態です。車のように特殊な商品をやり取りする場合は、ひときわ慎重に売買を進めましょう。

キャッシングは極力使わない

車を売却してもローンの残債に足りないとき、キャッシングやカードローンで借り入れをする方もいます。下のグラフは、2015年に消費者金融やクレジット会社から借り入れをした方が、その資金の使い道をアンケートで回答した結果です。

借り入れ

見てのとおり、借入金の使い道として「自動車ローンの返済」と回答した人が、10.5%にのぼります。借り入れをした人の10人に1人が、すべてまたは一部の借入金を自動車ローンの返済に回しているわけです。

キャッシングの金利は、銀行の自動車ローンやディーラーローンと比較すると、下の表であらわせます。

銀行の自動車ローン 2~4%程度
ディーラーローン・信販会社ローン 年4~10%程度
キャッシング・カードローン 年15~18%程度

参考:自動車ローンの種類と金利の相場 | ごうぎんなび(山陰合同銀行)

特に銀行の自動車ローンと比較すると、4~7倍程度と非常に高い金利です。このため、キャッシングによって残債を支払うことは、極力避けるようにしてください。

まとめ

車

ローンが残っている車も問題なく売れますが、いくらで売れるかを把握することが最重要です。売れる金額によって、車の売却だけで完済できるかどうかが決まります。この金額を調べる上で役立つのは、やはり一括査定サイトです。

カーセンサー価格.comなどの大手のサービスは、すべて無料で利用できます。情報入力も数分で終わる簡単なものであり、負担もかかりません。

車を売るだけでローンを完済できるかどうかを調べるためにも、まずは一度、一括査定サイトを試しに利用してみるのがいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA