改造車を高く売る為に意識するべき3つのポイントを解説!

「車を改造していると買い取ってもらえないのでは…」と不安に思う人は多いでしょう。しかし、純正パーツを社外品に変えるなどのチューンナップは当たり前になっていますので、改造しているからといって買い取ってもらえないことはありません。

  • 車を改造していると査定にどう影響するのか
  • 極端な改造をしていても買い取ってもらえるのか
  • 改造は戻したほうがいいのか

上記の疑問にも答えながら、高く売る為に意識するべき3つのポイントを解説しますので、改造車を売りたい人には大いに参考にしていただけるでしょう。

改造車を売る為に意識するべき3つのポイント


結論から申し上げますと、改造車であっても買い取ってもらうことは可能です。しかしながら、改造車を少しでも高く売りたいのであれば、売る際に意識するべきことが色々あります。以下の3つのポイントはしっかり意識しておく必要があるでしょう。

  • 改造を通常の状態に戻すのが理想
  • 知識が豊富な改造車買取専門店に出すと高額査定が期待できる
  • カスタムの際に純正のパーツを残しておく

3つのポイントについて詳細に解説します。

ポイント1:改造を通常の状態に戻すのが理想

車の査定で重要なのは、「純正の状態」であることです。

全国の買取業者が査定の基準としているのは、一般財団法人日本自動車査定協会の定める「標準状態」です。標準状態の基準として、「改造工作などがないこと」(図-1)と定められており、違法改造車については「標準車に復元する減点を行う」としています。(図-2)

図-1
日本自動車査定協会が規定する「標準状態」

図-2
日本自動車査定協会では違法改造は減点対象

出典:日本自動車査定協会『加減点基準の組み立て』

つまり、査定基準において改造されているという状態はマイナスに働いてしまう可能性が高いのです。特に「高く売れる」という意味でいうなら、一切のチューンナップをせず純正の状態のまま維持するのが一番の理想です。

なぜならば、純正のパーツのほうが車種への適合性が高いのはもちろん、長期的な安定性・信頼性という意味でも最も高いレベルに位置しているからです。前述の査定基準から見ても純正の状態であればあるほど信頼される車なので、買取業者も販売しやすくなるでしょう。

その為、改造車を少しでも高く売りたいなら、純正の状態にまで戻してあげるのが理想です。ただし、相応の費用がかかります。

場合によっては純正に戻す費用が嵩んでしまい、結果的に手元に残るお金が少なくなってしまうこともあります。純正に戻して売る場合にはそうした費用も含めて勘案するべきでしょう。

カーナビやエアバッグなど取り外しの難しい部分が純正であれば、標準装備としての質が担保されます。見た目にわかりにくい部分で純正のパーツが装備されている場合は、査定が有利になることがありますので、しっかりアピールしましょう。

ポイント2:知識が豊富な改造車買取専門店だと高額査定が期待できる

改造車は、車買取のなかでも一定の需要のあるジャンルとして確立しています。

広島大学大学院准教授である西村大志氏の論文『改造車研究の可能性』を参照すると、1995年の車検規制緩和によって、チューンナップをしている車でも車検に通るようになったことで「改造」が市民権を得た事実が言及されています。

図-3
1995年の車検規制緩和によって「改造」の市民権は大きく拡大した

出典:西村大志氏『改造車研究の可能性』

そして、車自体の買い替え年数がある程度長い(図-4)こともあって、年数を経るにつれてチューンナップを行なっている人も相対的に増えているであろうと予想できます。また、本論文でも触れられていますが、カスタムカーの祭典「東京オートサロン」も開催されるようになり、毎年盛り上がっています。

図-4
車の買い替え年数は「10年未満」が最も多く、ある程度長期間車を保有する傾向にある

出典:2017年度『乗用車市場動向調査』

改造というと違法なものを連想してしまいますが、広義でいえば「カスタム」や「チューンナップ」もまた改造の一種です。純正の状態から少しでも変えていれば定義上は改造車なので、改造しているからといって必要以上に身構える必要はありません。

改造車を売るなら、改造車買取専門店に査定を依頼するといいでしょう。改造車買取専門店には、「改造がマイナスではなくプラスに捉えてもらいやすい」という大きなメリットがあるからです。専門を謳っているだけあって、車のカスタム・チューンナップを前提として査定を行ってくれます。

改造車買取専門店では、チューニングカー・ドレスアップカー・スポーツカー・旧車などさまざまな車種について、改造された状態そのままで査定してくれます。それどころか、チューニングパーツが多く装着されているほど高価買取すると謳っているお店もあるほどです。

先ほど、純正の状態のほうが査定に有利と書きました。しかし、ホイールエアロといった部分に関しては、「こうした専門店に買い取ってもらえば」という条件付きではありますが、むしろ社外品の人気パーツの方が純正より高い査定となる場合が少なくありません。

改造車買取専門店の中には、「非公認車」といわれる車検に通らないような改造を施した車も買い取ってくれるお店もあります。ドンガラサーキット仕様など公道を走れないレベルの改造を施してあると、多くの店では買い取ってもらえませんが、専門店であれば可能性が無くはありません。

業者のホームページなどをよく見て、どういった改造車を買い取っているのかをあらかじめ把握しておきましょう。

ポイント3:カスタムの際に純正のパーツを残しておく

カスタムを行う際には、交換した純正パーツはできる限り手元に大切に保管しておきましょう。

社外品に交換していても純正のパーツが手元にあれば買取業者の方で「純正の状態」に戻すことが可能なので、業者にとっても売りやすいですし、そのぶん査定も高く見積もってもらえる可能性が高まります。

つまり、純正のパーツを手元に残していると事前にアピールしておけば、車の価値は上がるでしょう。

もちろん、理想をいえば査定に出す前に付け替えられるものは付け替えておくことをおすすめしますが、無理に行うくらいなら手元に保管してある純正のパーツを業者に渡して、業者の方で交換をやってもらうのが安心です。

まとめ

以上、改造車を売る際に意識するべきことを主に3つのポイントに絞って解説しました。

改造車買取専門店に査定してもらうことは非常に大きな意味を持ちます。ディーラーなど正規の販売店では純正の範囲の細かなチューンアップを除いて、改造車は大きく査定が落ちるか、買い取ってくれないケースが多いです。

もちろん、純正の状態に戻せるのならそれに越したことはありません。自分で戻せない範囲の改造をしていて、少しでも高く売りたいのなら、最初から改造車買取専門店に依頼することをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA