車の個人売買って実際どうなの?全手順と注意点を徹底解説

車の個人売買って実際どうなの?全手順と注意点を徹底解説

近年、車を早めに売って新車の購入費用に回す、賢い乗り換え方法が認知され始めており、それに伴って車を中古車として売却したい方が増えてきました。

そこで選択肢に入ってくるのが、

  1. ディーラー下取り
  2. 買取業者の利用
  3. 個人売買

主にこの3つだと思いますが、この中でも「個人売買」の注目度が年々上昇していること、ご存知でしたか?一昔前まではそもそも個人で売買する手段がありませんでしたから、中古車の個人売買という概念自体が育っていなかったですが、ネットがこれだけ普及した今、車を売買する手段なんていくらでもあります。

だからこそ、「車の個人売買の実際のところ」が気になって、皆さんはこの記事にたどり着いたのではないでしょうか?

そこでこの記事では、車の個人売買に関する情報をまとめ、他の取引手段と比較した時にどのような利点・欠点を持っているのかを、徹底的に解説していきます。車の個人売買について気になっている方は、要チェックですよ。

「車の個人売買」を気になっている人は多い

中古車の買取

冒頭でもお伝えした通り、車の個人売買は、

  • 中古車市場の人気上昇
  • 車の定期的な買い替えの普及
  • 個人売買手段の普及

これらの要素が重なって、従来の業者買取を利用する売却手段ではなく、個人売買にて車を手放す人が多くなっています。

そして、個人売買を選ぶ方のほとんどが、「個人売買の方が高く売れる」という点を重視しているのだと思いますが、実際のところはどうなのでしょうか?

確かに、高値で売れる可能性もある

結論から言えば、車の個人売買は、ディーラーによる下取りや買取業者への売却よりも、高値で取引されることが一般的です。その背景にあるのは、ズバリ「売り手と買い手の思惑の一致」なんですね。

この記事を読んでいただいている方の多くは、恐らく車の個人売買を、「売る側/買う側」のどちらかで本格的に検討し始めていると思います。ではまず、売る側の立場になって考えてみましょう。

売り手・買い手、それぞれにメリットがある

個人売買にて車を売りたい人間は、恐らくこのようなことを考えることでしょう。

『ディーラー買取や中古車買取よりも高値で売却したい』

後述しますが、基本的に車の個人売買は多くの手間がかかりますから、ディーラー買取や中古車買取よりも高値で売れなければ、「骨折り損のくたびれもうけ」になってしまいますよね。だからこそ、個人売買には「他の売却手段より高値で売る」という動機が隠れているのです。

一方で、個人売買にて車を手に入れたい人間は、きっとこのようなことを考えるはずです。

『中古車販売店で買うよりも安く中古車を手に入れたい』

当然の話ですが、中古車販売店で売られている車の価格には、「店側の儲け」が入っています。そしてこれは、個人売買で設定される利益よりも当然大きくなりますから、個人売買にて取引される価格よりも高値で販売されることが一般的です。

だからこそ、「個人売買でもっと安く手に入れる」ことを画策し、個人売買にて車を手に入れようとする買い手側の人間も存在しています。

つまり、車の個人売買というのは、

  • 売り手
  • 買い手

この両者の思惑が一致する結果、成立するものである点を覚えておきましょう。

車の個人売買の注意点とは?

ということで、まずは車の個人売買における背景にあるものを解説してきましたが、『売り手側は高い値段で売れて、買い手側は安い値段で買える』という双方にとってメリットしかない取引であるように思われた方も、少なくないと思います。

しかし、当然と言いますか、車の個人売買では背負うべきリスクというものも存在しており、これを嫌う結果、『個人売買はしてみたいけど、やっぱりちょっと不安』という方が多いのも事実です。

そこでこの章の最後に、車の個人売買における注意点についても確認しておきましょう。こういったリスクやデメリットについても知っておくことで、自分にとって最適な取引方法が分かってくるものですよ。

手順をしっかり確認しておこう

車の売買においてまず大事なことは、取引前に全手順をしっかり確認・把握しておくことに尽きます。車の個人売買で最も多いトラブルが、「いつになっても納車されない」といった類のものなのですが、これは納車しないというよりは、「納車に時間がかかってできない」という側面が強いものなのです。

というわけでまずは、車を個人売買にて取引する際に生じる、「売り手側の全手順」についてしっかりと確認しておきましょう。

1:出品する

まずは車の売買において利用するサイトやサービスに、自分が売りたい車を出品していきます。基本的にはオークションサイトのヤフオクや、フリマアプリのメルカリが候補になってきますよね。

この際に注意すべきなのは、「高く売るよりもスムーズに取引できることを意識する」ということです。

例えばの話ですが、ある車を高く売ろうと目論んで、売り手側である所有者が外装の傷や内装の劣化を敢えて隠して出品したとしましょう。もしくは盗難車や事故車を偽った情報をもとに出品したとします。そして買い手側が何の問題もない車と思って購入し、納車した後にクレームが飛んできたとします。

そして、大抵の場合で、車の売買におけるクレームは、かなり感情のこもったクレームになりがちです。値段が値段ですし、モノがモノですから、買い手側の真剣度は通常の買い物の比ではないですからね。

そうなると、当然売り手側も真剣にクレーム処理に付き合う必要が出てきますが、クレーム対応によって生じる精神的ストレスや手間は、極めて大きくなってしまいます。結果、『普通の値段でいいから、しっかりと取引すればよかった・・』と後悔することになるので、出品の際はあまり欲張らず、車の情報を写真を含めて、正確に記入・掲示することを心がけましょう。

間違っても、嘘は書いてはいけません。あとで後悔することになるので、絶対にやめましょうね。

なお、出品する際の値段の付け方ですが、基本的には相場よりちょっと高めで出して、徐々に落としていくやり方が最も賢い方法です。

2:取引を行う

出品後に売り手側がすべきことは、買い手側との直接交渉です。大抵の場合で、

  • 細かい質問
  • 値切り交渉

こういったものがされると思うので、しっかりと応えなければいけません。先述のように、車の購入はスーパーでのお買い物とは比較にならないものですから、買い手側も真剣です。したがって、ある程度誠実・真剣に売り手側も応えなければ、取引成立はしないと考えなければいけませんよ。

3:契約の成立

取引が無事に終わったら、ここで契約が成立します。個人売買の場合でも契約書はあった方が良いので、売り手側が二部用意しておき、契約を締結しましょう。

4:入金を確認する

契約締結後、指定した銀行口座への入金か、もしくはサービスへの入金を行なってもらいます。入金前にモノを送ってしまうと、最悪の場合は持ち逃げされてしまうケースが懸念されるので、必ず入金を確認してから行動するようにしましょう。

5:車の引き渡し

入金確認が取れたら、いよいよ車の引き渡しです。無用なトラブルを防ぐため、直接対面して車の状態を目視で確認してもらうと、トラブル回避につながります。

この時に必要な書類一式も渡すことになるので、必ず持参するようにしましょう。

6:各種保険の名義変更

意外と忘れがちなのが、車両保険と自賠責保険の名義の変更です。両者とも名義を変更しないといけませんから、こちらも忘れずに行なっておき、書類を買い手側に渡してください。

7:任意保険の解約・変更

車両保険や自賠責だけでなく、任意保険についても売却に伴って変更する必要が出てきます。車を今後乗らないという場合は解約をしなければいけませんし、新しい車に買い換えるならば、そちらの車に保険も乗り換えなければいけません。

これをうっかり忘れてしまうと大変なことになりかねないので、必ず行なっておきましょう。

各書類を事前に揃えておこう

さて、まず以上のような売却の流れについて解説をしてきましたが、いかがでしたか?全部で7手順あり、買い手側との交渉や契約書の準備などなど、やることが意外とあって面倒に感じてしまった方もいらっしゃるかもしれませんね。

また、上記に加え「書類」についても売り手側で複数用意しておく必要があります。ここではその書類の詳細についてお話ししていきますが、以下にまとめてある7つの書類が必要です。

  1. 自動車検査証
  2. 自動車リサイクル券
  3. 自賠責保険証明書
  4. 自動車納税証明書
  5. 印鑑登録証明書
  6. 譲渡証明書
  7. 住民票(車検証住所と現住所が異なる場合に限る)

なんだか難しそうな書類が並んでいますが、このうち「〜証明書」と記載のあるものは、購入時に車検証などを入れてある箱やケースに一緒に入っているので、一度車内を確認してみましょう。

一方で、印鑑登録証明書や譲渡証明書に関しては自分で用意する必要がありますから、必ず用意しておくことを忘れずに。

また、これらの書類を「売れてから用意する」のはあまりおすすめできません。というのも、仮に「〜証明書」のうち何かが欠落していたり、他の書類を準備する時間に忙殺されてしまったりすると、予定していた納期がどんどんずれ込んで、トラブルの種になりかねませんからね。

したがって、販売を決めたらまずはこれらの書類を用意することから始めて、準備が整った状態で取引に臨んでみてください。こちらの方が安心してスムーズに売却ができますよ。

3:トラブルの種は事前に摘んでおく

車の個人売買を行う上で重要なことに「トラブルの種を摘んでおく」という点があげられます。結局のところ、個人売買のデメリットは「個人間による取引のもつれ」に集約され、ここを乗り越えることができれば基本的にはWin-Winな取引です。

しかし、この「個人間のもつれ」を乗り越えるのは容易ではなく、比較的高い確率で大小問わずトラブルが生じてしまいます。その主なものと対処法は以下の通り。

・売り手側のトラブル

買い手側がお金を振り込んでくれない
信用できそうな相手かどうか、交渉段階で見極める。
どんな書類を揃えればいいか分からない
しっかり事前に調べる。面倒なら、買取業者を利用しよう。
購入後に買い手側から「話が違う」などと言われる
開示できる情報は事前に全て開示する。正当な取引である証拠を揃えておく。

・買い手側のトラブル

入金したのに納車に関する連絡がない
事前に信用できそうな相手としか取引をしない。各種機関の力を借りる。
購入した車の状態が事前の説明と違った
些細なことでも良いので事前に必ず質問をする。そこに気が付けなかったら、購入者側の責任でもある。
各種書類に不備や欠落がある
買い手側に必要書類に関する質問も事前にしておく。

全て「あるある」とも言えるトラブルではありますが、以上のような対処法で未然に防ぐことが可能です。個人売買は間に入ってくれる人がいないので、話がもつれた時の面倒さはとてつもありません。

したがって、避けれるトラブルはしっかり避ける努力をした上で、取引に望むことを心がけましょう。

「個人売買」と「業者」はどちらがおすすめ?両者を徹底比較

中古車の内装

さて、前の章では個人売買に関する基本的な考え方や注意点、デメリットについてお話をしてきました。

確かに個人売買は、売り手側も買い手側も得をする可能性が高い、賢い車の取引方法であることに間違いはありません。しかし一方で、明確な欠点があるのも先述の通り事実であり、

『個人売買と中古車買取業者に売るのでは、どちらの方が良いのかな・・』

とお悩みになってしまった方もいらっしゃるかもしれませんね。そこでこの章では、「個人売買と業者への売却」という2つのメリット・デメリットを戦わせて
みて、どちらの方がベターな車の売却方法なのかを決着させていきます。

個人売買

まずは改めて、個人売買のメリットとデメリットから確認をしていきましょう。

メリット

まずは個人売買のメリットからですが、「買い手側・売り手側にとってWin-Win」という点に集約されることに疑いはありません。

売り手側にとっては、ディーラーの下取りはもちろんのこと、中古車販売店に売却するよりも多くの利益を生む可能性はグッと高まりますし、逆に買い手側にとっては、中古車販売店で購入するよりも安い価格で購入をすることが可能ですからね。

一方で、正直言って、個人売買におけるメリットは金銭面以外に存在しないので、「とにかく出来るだけ高く売りたい/安く買いたい」という方にこそおすすめできる契約手段であり、以下のデメリットを許容することができないならば、素直に中古車買取業者を利用すべきです。

デメリット

続いて個人売買におけるデメリットを今一度まとめてみました。

  • 当事者間のトラブルに発展しやすい
  • 手間がかかる
  • かかる手間の割に、それほど高い金額にならないこともある

個人売買における極めて懸念すべきデメリットが、「当事者間のトラブルに発展しやすい」という点です。一般的には何かしらのトラブルが発生したとしても、民間人の当事者同士が直接やりとりをしなければいけない場面はあまりありませんよね。何らかの企業や団体が間に入ってくれれば、無用なトラブルも避けられるでしょう。

しかし、車の個人売買においては、トラブルが起きたら全て当事者解決が求められます。これは非常に手間ですよね・・。

また、トラブル解決の手間だけでなく、取引完結までにかかる手間も無視できないものです。各種書類の準備や買い手側との直接交渉、引き渡しなどなど、かなり多くの手間がかかってきてしまうことが一般的。

そして、これだけ多くの手間や心理的ストレスがかかる前提に立った上で、個人売買で手に入る利益について考えてみます。確かに中古車買取業者に持ち込むよりは高くはなるものの、これらの手間を考慮した上で考えると「コスパが悪い」と言わざるを得ません。

また、利用するサービスに対して支払う手数料も考慮すると、「中古車買取価格よりも3〜5割程度高く売れる」くらいの強気な姿勢を貫かなければ、「骨折り損のくたびれもうけ」になってしまう可能性が大きいです。

中古車買取業者

では続いて、中古車買取業者に関して見ていきましょう。中古屋買取業者とは、文字通り中古車を専門とする買取業者のことで、どこに住んでいても身近に店舗が存在していますよね。

また、近年は中古車市場が非常に活気を帯びているので、その存在感をことさら強めているのも特徴的。大々的にCMを流しているので、気になっている方もいらっしゃると思います。

それでは、この中古車買取業者に車を売却する、メリットとデメリットについて比較をしていきましょう。

メリット

まずはメリットからですが、以下のような点が車の売却に中古車買取業者を利用するメリットだと考えてもらえれば問題ありません。

  • ディーラー下取りより高い
  • ネットで簡単に複数見積もりが可能
  • 個人売買のような手間がかからない

それぞれ順番に確認していきましょう。

ディーラー下取りより高い

まずは「ディーラー下取りより高い」という点についてですが、ここは素直に金銭的なメリットの部分ですね。ディーラー下取りは信用できる相手に売却ができますし、面倒な手続きなども全て一任できるので、最もお手軽な売却手段だと言えます。

一方で、買取額がとにかく安い・・。「え?これだけ・・」となってしまうことが非常に多く、だからこそ個人売買で儲けを増やそうと考える方が多くいらっしゃるわけです。

しかし、中古車買取業者ならば、そこそこ満足できる価格で売却が可能なので、近年は多くの方に選ばれている売却先だと言えます。

ネットで簡単に複数見積もりが可能

ディーラー下取りではそのディーラーの見積もり額に納得をするしかありませんが、中古車買取業者を利用する場合、ネット上で複数業者の見積もりを簡単に取得することが可能です。

一昔前までは、最寄りの中古車買取業者をはしごする・・なんてことをしなければいけませんでしたが、今は自宅にいながら複数社に査定を行ってもらい、そこからより高い業者を選択すれば良いので、随分売り手側に有利な市場へとなっているんです。

したがって、「より高い金額で売る」という観点から見ても、「手間をかけずに売る」という観点から見ても、ネットで見積もりを簡単に出せるという点は多大なるメリットになってくれることでしょう。

個人売買のような手間がかからない

上記に加え、「個人売買のような手間がかからない」という点も、買取業者を利用するメリットだと言えます。先述のように、個人売買では出品から納車までを全て自分一人で行わなければいけませんでしたが、買取業者を利用する場合、そのほとんどの手間を業者側に負担してもらうことが可能になります。

車の売却は人生でそう何度もあるイベントではありませんから、その手順を把握している人はほんの一握りでしょう。ほとんどの方は試行錯誤しながらアレコレ考えてやらなければいけないので、そう考えると最初から最後までを買取業者に一任してしまうのも悪くない選択肢だと言えます。

デメリット

続いて中古車買取業者に売却をするデメリットについてお話ししていきますが、「個人売買よりも安い」という1点に尽きます。

これは散々お話ししてきたのでもう詳しくは扱いませんが、手間やトラブル対応を惜しまずに『少しでも高い値段で売りたい』という思いを貫きたいならば、中古車買取業者の利用はしない方がいいかもしれません。

しかし、先述のように、個人売買で得られる恩恵と、かかる手間や精神的ストレスを考えると、どうにも「コスパが悪い」と思えてなりませんので、基本的には中古車買取業者の利用を推奨したいですね。

結論:業者が万人におすすめできる

というわけで、最後に結論を述べていきたいと思いますが、

『中古車買取業者が万人におすすめできる』

ということを覚えておいてください。確かに「個人売買の方が儲かる」のは事実かもしれませんが、素人が1から全部やるには少々ハードルが高い感が否めません。

仮にトラブルが起こった時のリスクも怖いですし、だったら最小限の手間でそこそこの金額で売れる中古車買取業者の利用がおすすめですよ・・、というロジックになるので、よほど強いこだわりがない限りは個人売買はおすすめできません。

一括査定で金額だけでも調べておこう

また、確かに中古車買取業者による査定額は、個人売買よりも劣るのは事実ですが、

  • 中古車市場の成長
  • 中古車人気の向上
  • ネットの普及

これらの要素により、以前よりも明らかに業者への売却が容易になり、かつより多くのお金が受け取れるようになっているのもまた事実。

特にネットの普及により、「一括査定」ができるようになったのが非常に魅力的です。従来の中古車買取は自分の脚で地元の店舗を行脚しなければいけませんでしたが、今ではネットを通じて簡単に複数者に査定をしてもらうことができますから、当然査定額もアップするという寸法です。

また、業者側も「比較されている」ことを理解しており、迂闊に安い金額を掲示できない背景もあるため、これがより一層中古車買取業者への売却の価値を高めています。よって、ローンの残席が残っていたり、車を各種代金の支払いに充てたい場合にも業者買取はおすすめ。

もちろん一括査定は無料でできますから、個人売買を実践する前に、まずは「お試し」の気持ちで査定だけでもしてもらってみてはいかがでしょう?思わぬ評価額が飛んでくるかもしれませんよ。

まとめ

この記事では、「車の個人売買」というテーマでお話を進めていきました。確かに個人売買はメリットもありますが、それを上回るほどのデメリットが存在するのもまた事実です。

したがって、万人におすすめできるのは「中古車買取業者の利用」になりますから、ぜひ積極的に利用をしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA