車は売る前に修理すべき?修理の有無が査定額にどう響くのかを解説

車は売る前に修理すべき?修理の有無が査定額にどう響くのかを解説

車を売却する際に傷や故障があると、修理をした方が高く査定してもらえる気がしますよね。しかし、修理費用を上回るだけの査定額が期待できるのかどうかは、やってみなければ分かりません。

この記事では、車を売却する際に傷がどの程度査定額に反映されるのかを解説し、修理すべきかどうかを分かりやすく解説しています。査定額アップに関する情報も掲載しているので、車を少しでもお得に手放したい方は必見です。

車の査定に傷はどの程度反映されるのか

まず始めに、車の査定に傷や故障がどの程度反映されるのかを解説していきます。車の傷や故障にはさまざまなものが存在していますが、ここでは「中古車の査定」という観点から、以下の3つに分類をしてみました。

  1. 目立たない傷
  2. 塗装のみで修復できる傷
  3. 板金が必要な傷・凹み

どの傷がどの程度査定に響くのかを知っておくことは重要です。順番に確認していきましょう。

目立たない傷

車を長期間に渡り乗り続けていると、どうしても避けられないのが「目立たない傷」ではないでしょうか?垣根に擦ってしまったり、洗車の際についてしまう小傷だったり、どんな運転をしていても避けられない傷は、査定には響かないと考えてもらって大丈夫です。

目立たないというのは「気にならない」ことの裏返しでもあるので、中古車の購入を考えている方の印象を悪くすることはないからです。

むしろ、中古車の購入を考えている人には、「多少の傷は許容する」という意識が必ずありますから、売却の際に心配をする必要はありません。よって、修理の必要もありませんよ。

塗装のみで修復できる傷

続いて、「塗装のみで修復できる傷」について取り上げていきます。

こちらは先ほどの傷とは異なり、誰が見ても「傷ついている」という認識ができる傷のことを指し、一見すると、査定額に大きく響いてしまいそうな気がしますよね。しかし、ボディそのものにダメージがなく、塗装をし直すだけで元の状態に戻すことが可能であるため、以下のような査定をされると考えてください。

傷の大きさ 影響
1cm未満の傷 影響なし、もしくは軽度の減額。
1cm〜10cmの傷 1万円〜2万円の減額。
10cm〜30cmの傷 3万円〜5万円の減額。

意外に思われるかもしれませんが、1cm未満の傷に関しては、査定にはほとんど響くことはなく、それより大きな傷でも致命的な減額をされるわけではないのです。

そして、このような傷でも車の修理業者に持ち込んで修理をしてもらうと、査定額の減額よりも割高な修理費用を請求されることがほとんどです。ゆえに、「塗装のみで修復できる傷」に関しても、売却の際に自費で修理をする必要はないといえます。

板金が必要な傷・凹み

最後に紹介するのが「板金が必要な傷・凹み」です。板金とは「金属の加工」のことで、外から物理的に手を加えないと修復が難しい傷や凹みのことを意味します。

このような傷は誰がどう見ても「修理しないと買い手は現れない」ことが明らかなので、車を売却しようとしている方にとっては、「修理した方が査定がアップしそう」と考えてしまうのも無理はないです。

では、この傷や凹みがどの程度査定額に影響を与えるかですが、以下のような査定をされると考えてください。

傷の大きさ 影響
〜30cmの傷 5万円程度の減額。
30cm以上の傷 6万円〜10万円程度の減額。
パーツ交換が必要な傷・凹み 10万円以上の減額。

板金が必要ともなると、買取業者が車を買い取った後に、専門の修理業者に委託して修理を行う必要がありますので、上記のような減額幅になってしまう背景があります。

それでも、自分で修理業者に板金込みの修理をしてもらうと、上記よりも高い金額の費用を請求されることがほとんどですから、これまでの傷と同じように、自分で修理をする必要はありません。

車は売る前に修理すべきなの?結論はこれ!

車の傷による査定額の減額の程度を解説してきましたが、修理をすべきなのかどうかについても確認していきましょう。

車を売る前に修理はしなくて良い

結論から申し上げれば、車を売る前には修理をする必要は全くありません。その理由をお話しする上では、以下の2つの損について注目する必要があります。

  • お金の損だから
  • 時間の損だから

理由1:お金の損だから

車の修理をすべきでない理由の1つめが「お金の損だから」というものです。そもそも、車の売却前に修理を行っておくべきだと考える動機は、「少しでも得をしたいから」だと思いますが、逆に損をしてしまうなんて、少し複雑な気分ですよね。

そして、この損の背景には、私たちが修理する金額と、買取業者が修理する金額の差があるのです。

買取業者は中古車を常日頃から買取って、それを業者、もしくは消費者に販売することで利益を上げていますから、買い取った車を修理するために、修理会社と大口の契約を結ぶか、自社で修理工場、人員を用意しています。

それゆえ、私たちが修理業者に持ち込んで修理をしてもらうよりも、圧倒的に割安な金額で修理を行い、販売できる状態にしているのです。逆に言えば、私たちが売却前に修理をしてしまった場合、買取業者よりも割高な費用で修理をしていることになります。

この修理費用の差が、そのまま「お金の損」という形で返ってきてしまうので、車の売却前に修理はせず、そのまま買取業者に見積もってもらうべきなのです。

理由2:時間の損だから

売却前に修理をしてしまうと、お金だけでなく「時間の損」にもなってしまいます。仮に売却を考えている車を修理に出すとすると、修理業者まで持ち込まなければならず、そこから数日間は代車に乗ることになるでしょう。

また、休日に修理に出すことになる方がほとんどだと思いますが、当然休日は予約でいっぱいになっている可能性が大なので、修理できる日程がどんどん伸びてしまうことが予想されます。

このように、自分で車を修理に出そうとすると、時間ばかりかかって仕方ありません。それに、手間がかかることは皆さんご存じだと思うので、どんどん後回しにした結果、時間経過によって車自体の価値が低下してしまう懸念も生まれます。

最終的にはこれが「お金の損」につながってきますから、たとえ車に傷が入っていても、故障していたとしても、そのまま買取業者に売却してしまうのが正解です。

修理をせずに査定額をアップさせるポイント

車の売却時に修理はすべきではないことをお伝えしてきましたが、ここからは「修理をせずに査定額をアップさせる方法」をご紹介していきます。

出来る範囲で綺麗にしておく

車を長年使用していると、外装、内装ともに見栄えが悪くなってしまいますよね。汚れがついていたり、ホコリがたまったり、細かいゴミが落ちていたり、普段の生活に使用するものなので仕方ない部分ですが、自分で出来る範囲で綺麗にしておくと、査定額アップにつながりやすいです。

その理由は、査定士に「大切に扱ってきた」「定期的にメンテナンスを行っている」という印象を与えられるから。同じ車種を買い取るにしても、メンテナンスを欠かさずに行い、大切に乗ってきたことが伝わってくる車の方に、少しでも高い査定額をつけたいと考えるのが自然ですので、売却前に出来る範囲で綺麗にしておくべきです。

加えて、車内に無駄なものが一切ないと「強い売却意思」を伝えられますから、この点を考慮した査定額を付けてくれたら儲けものです。

あまり知られていないことですが、ディーラーによる点検で毎回記入される「定期点検記録簿」を見せることも、査定士からの印象をアップさせる方法の1つなので、「大切に乗ってきた」ことを伝える努力は欠かさずに行いましょう。

純正品を用意しておく

中古車市場においては、以前の所有者が独自にアレンジした車よりも、純正品が揃った硬派な車の方がニーズが生まれやすいです。したがって、購入後にさまざまな社外品を取り付けて、自分好みの車にカスタマイズしたとしても、自分でできる範囲で純正品に戻す作業を行っておいた方が査定額はアップする傾向にあります。

特にホイールは純正品か否かで大きく査定額が変わってきますので、ホイール交換を行う際は元の純正品を手元に残しておいた方が、結果的に損をしにくくなることは覚えておきましょう。

不動車・事故車でも買取可能

「車の売却前に修理は不要」と言われても、修理をしないと動かない状態の車を売却しようとする場合はどうしたら良いのでしょうか?しかし、このような車でも修理をしない方が得をするケースが大半です。

実は、動かない車を専門的に扱う不動車買取業者も存在するんです。

よって、動かない車を所有している場合には、大金をかけて修理してから中古車買取業者に売却するよりも、そのままの状態で不動車専門の業者に売却した方が、トータルで考えると得をするかもしれません。

いずれにせよ、それぞれの業者に査定をしてもらうのはネットから無料で簡単にできますから、視野を幅広く持った上で車の売却に臨む意識を持つことが重要だと言えます。

まとめ

この記事では、車を売る前に修理をすべきかどうかという部分にフォーカスして、お話を進めてきました。

修理をせずにそのままの状態で業者に売却した方が、お金と時間という観点で得をすることがほとんどなので、売ろうと思ったらすぐに買取業者に見積もりをかけてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA